1. HOME
  2. 企業情報
  3. その他
  4. 札幌かに本家

その他

サービス・販売・外食


代表メッセージ
 「おいしい」はもはや当たり前。
 最高の演出と健康へのこだわりで、
 長寿会社を目指します。

ユネスコの“無形文化遺産”に登録され、世界中の人々に注目されている日本料理(和食)。

当社はその中でも、“かに料理”に特化した専門店として成長を続けてきました。今ではチェーンの料理店でも見かける「かに刺し」「かに寿司」など、「かにを生で食べる」という提案を創業期から行うなど、新たな試みを発信し続けてきたのです。これは、「かにに特化」しているからこそできたこと。
他にも「かにすき」、「かにの天ぷら」や「甲羅揚げ」など、かにの可能性を信じ、商売を営んでまいりました。これからも、お客様の嗜好や食文化の変化に合わせ、新しい楽しみ方を提案できる企業であり続けたいと考えています。

札幌かに本家には、毎日大勢のお客様に来ていただいています。その理由の一つが、素材へのこだわり。かにの漁場として世界一の実績を誇る北海道の苫小牧に仕入れ・保管・発送の拠点を持ち、ここをベースにして北海道全域から新鮮なかにを仕入れています。毛かに、ズワイかに、タラバかになど、かににも様々な種類があります。「味」はもちろん「大きさ」といった見栄えにもこだわり、種類ごとに仕入れ場所を変え、日本はもちろん世界から仕入れを行っています。
こうした仕入れネットワークや目利きノウハウといった知識も、「かにビジネス」に特化した当社の大きな強みです。

自分で考え、発信する人材に期待しています

こうした当社の「かにビジネス」をお客様にご提供するのが、当社社員のミッション。
お客様のご満足を最大化するためには、社員1人ひとりが「自分で考え、仕事を通じて自分を良くしていく」という想いを持つことが大切です。自分を良くしていく(成長する)ことは、お客様に喜んでいただけるだけでなく、社会への貢献にもつながること。周りに遠慮する必要はありません。自分で「今、どうするべきか」「どうしたらもっと良くなるか」を考えて「いい」と思ったことはどんどん発信してください。

学校で学ぶことだけが勉強ではありません。社会に出てから、「面白い」と心から感じられるものに出会い、「学び」が始まることもあります。そうして学んだことはぜひ、頭の中の引き出しに入れ、必要に応じて取り出せるようにしてほしい。私自身、そうして「かにビジネス」に向き合ってまいりました。

スキルアップや知識の習得に専念できるよう、研修制度の充実や日々のOJTに力を入れています。入社後は、同期みんなでの導入研修、その後に職種ごとの専門的な初期研修、と丁寧な研修を実施。不安なく社会人デビューができるよう、しっかりとサポートします。
それだけでなく、社員寮や各店に社員食堂を完備するなど「働きやすい環境」づくりにも注力。成長したい、誰かの役に立てる存在になりたい。そんな想いを持っている方、ここでその想いを実現しませんか。





数字で見る札幌かに本家






採用情報

料理長 宮川 順米  1994年入社 岡崎城西高校卒業

成長に終わりはありません。今も、勉強の毎日です。
高校を卒業して、調理の知識や経験がまったく無い状態からスタート。今は、金山店の調理部の責任者である料理長のポジションで仕事をしています。
私が心がけているのは、お客様の半歩先を行き、お出しした料理を見たお客様が驚かれるような料理を造ること。同じ素材を使い、同じ名前の料理でも、味付けを変えたり、器や盛り付けを変えるといった総合的な足し算・引き算で、印象は大きく変わります。毎日、「こうしたらもっと良くなるんじゃないか」と考えていますから、月初めと月末で変化や学びが現れることも。
仕入れにも出かけます。卸売市場に2週間に1度くらいは足を運びますし、花の市場に行って「料理の演出に使えないか」と考えることも。器も、カタログを見るだけでなく実際に触って感触や重さなども確認します。自分自身で確認したものを使うから、お客様に自信を持ってお出しできるのです。

店長 松本 久嗣  2009年入社 愛知県立大学卒業

評価制度が明確。
入社6年目で店長に昇格しました。
就職活動で何社も内定をいただいた中で札幌かに本家を選んだのは、お客様のことを心から考えた一番正直な商売をしていると感じたから。また、評価制度なども明確で、頑張れば若くても店舗責任者になれるという話を聞いたからです。実際に、私も入社6年目に秋田店の店舗責任者(店長)に昇格しました。そして、2015年3月に新規出店が決まった際、立ち上げ責任者として参加。新店の立ち上げという大きな経験をさせていただきました。
店長の役割は、担当する店舗の予算作成や実行、店舗運営、お客様を増やすための営業活動、スタッフの管理など。営業で大切なのは、その地域に合わせた店舗運営をすること。そのため店長には、大きな裁量を与えられています。中規模のお店でも年間1億円を超える売上があり、調理・接客を含めて30人ほどが働いていますから、店長というよりは「社長」のような感覚で店舗を動かしていくことができます。

外商部 塩田 絋子  2009年入社 椙山女学園大学卒業

全てが初めての経験。先輩の優しい
指導で面白さを感じる様に。
就職活動を始めた時の希望は「事務職」。なので実は、事務職で札幌かに本家の選考を受けたんです。結果は、不合格…。でも、人事担当から「あなたの良さを活かして接客をしてみませんか」という提案をいただきました。「自分を評価してもらえたんだ」と感じ、当社への入社を決めました。
入社後2ヶ月間は、接客の研修。あいさつの仕方や言葉づかい、ドアの開け閉め、お辞儀の仕方、座り方…といった基礎から学びました。何もかもが初めてだったので、最初は大変でした。でも優しくていねいに教えていただいたこともあり、次第に「面白いな」と感じるようになってきました。
研修後の配属は金山店。時には、お客様の服に飲み物をこぼして汚してしまうなどの失敗もありましたが、そういう時は先輩が一緒にあやまってくださるなど、優しくフォロー・サポートしてもらったことを強く覚えています。お客様は私にとって、おじいちゃん、おばあちゃんの世代の方が多い当社。「あなたに接客してもらえたから、美味しかったわ」「笑顔がステキね」と、とてもかわいがっていただきました。