1. HOME
  2. 企業情報
  3. 小売・流通
  4. 生活協同組合コープあいち

小売・流通

サービス・販売・外食


ご挨拶

2020 ビジョンから2030 ビジョン持続可能な未来へ
新型コロナウイルス感染症に対して

20年初頭から新型コロナウイルス感染症の拡大により、私たちの生活も大きく変わることになりました。コープあいちは組合員、職員の安全と健康を最優先に生活インフラを担う責任を果たし、組合員のくらしを守るため全力で取り組んできました。3月には学校給食がなくなり、困っている酪農家のみなさんを支援するため組合員にせいきょう牛乳の利用を呼びかけ、通常より2~3割多い利用をいただき、生産者から感謝の声をいただきました。また、今回の一時的な物不足は今までの物流のあり方や普段の生活について考えるきっかけになったと思います。「生活の無駄を省く」、「コンビニが冷蔵庫代わり」、「在庫を持たない需給管理」などが背景にあり、「いつでも買える」と思ってきたことが一度需給のバランスが崩れると今回のような事態になります。ネットでのマスクの高額販売などにみられるように、「社会の先行きが不透明になる中、消費者は自分に寄り添い、支えてくれる企業やブランドを支持する」(3/10日本経済新聞)など、便利さより信頼を重視する傾向にあるといわれています。コープあいちは引き続き地域のみなさんに信頼させる組織として努力を続けていきます。

SDGsの取り組みをさらにすすめます

今回の新型コロナウイルス感染症の拡大は、地球温暖化も要因に考えられています。温暖化の影響で日本も熱帯地域で発生するような感染症が拡大するのではないかといわれていました。今回、感染を媒体しているとされる「コウモリなど動物も、温暖化で生活エリアが狭くなり、餌を求めて人間の住むエリアに煩雑の入るようになったことも原因ではないか」(4/10中日新聞)といわれています。また、昨年は相次ぐ台風の上陸で東北、関東方面を中心に甚大な被害がありました。一方、年末から暖冬で山間部の積雪が少なく水不足も危惧されています。地球温暖化防止は人類共通の喫緊の課題になっています。そのためにもコープあいちは、この間めざしてきたことをSDGsに沿って組合員、地域のみなさんと一緒に活動をすすめていきます。

今年でコープあいちは創立10周年となりました。おかげさまで、事業も活動も愛知県全域に広げることができました。この間のみなさんのご協力と支援に感謝いたします。これからもよろしくお願いいたします。




組織概要


法人の種類 生協法人
名称 生活協同組合コープあいち
所轄庁/行政庁/主務官庁 厚生労働省・援護局/愛知県県民生活課
主たる事業所の所在地 名古屋市名東区猪高町大字上社字井堀25番地の1
従たる事業所の所在地 愛知県豊橋市牟呂町字松崎15(2016年6月開館 コープあいち豊橋生協会館内)
代表者氏名 理事長 森政広
設立登記年月日 1969年5月24日
合併年月日 2010年3月21日
法人の目的 協同互助の精神に基づき、組合員の生活の文化的経済的改善向上を図ることを目的とする
事業活動の概要 法人の目的を達成する為に、よりよいものをよりやすく組合員に供給する供給事業、組合員の生活に有用な協同施設を設けて、利用させる事業、組合員の生活改善及び文化の向上を図る事業、高齢者の福祉に関する事業、組合員の生活の共済を図る事業などを行なっている
事業地域 愛知県全域
組合員数 50万5323人
出資金額 94億4335万円
総事業高 584億4868万円
施設 宅配センター(14)、店舗(18)、福祉事業所(31)、本部事業所など
電話番号 052-703-1501
ファックス 052-703-3387
ホームページ http://coopaichi.tcoop.or.jp/
メールアドレス aichi@tcoop.or.jp
正規職員数 978人(出向者137人を含みます)
職員数 3,162人(出向者137人を含みます)


採用情報

募集要項(総合職)


募集状況 2021年3月以降に募集予定
対象 2022年春、大学、大学院、短大、専門学校卒業の方(全学部)
主な仕事内容 ●コープ宅配事業 商品の配送および普及、サービスのお知らせ、コープに新しく加入する組合員を増やす取り組み等。 ●店舗事業 コープのお店で生鮮食品部門やサービス部門等を担当します。